離乳食のはなし

離乳食スタートの目安


www.simsimjapan.com

 

おっぱいトラブルがある、なしにかかわらずいずれは
離乳食を始めることになります。

 

母乳過多で悩んでいるおかあさんは、一刻もはやく離乳食を開始し
おっぱいを卒業したいと思っているかもしれませんね。
その逆もしかり。

 

どんどん育っていく赤ちゃんは、やがておっぱいだけでは栄養が足りなくなるので
足りなくなる栄養を補いながら、いずれは大人と同じ食事が出来るように練習
する=離乳食ということです。

 

離乳食をスタートするタイミングは一般的には生後5〜6ヶ月と言われていますが
赤ちゃん(とお母さん)にとってはもっと遅くても良い場合もあります。

 

スタートする目安として
・大人の食事に興味を示す
・自分ももぐもぐと口を動かしている
といった行為が見られたら開始してもよいと言われています。

 

あせらず、気長にやっていくのが離乳食を進めるポイントです。
栄養をとらせるためではなく、「食べることに慣れる」
「スプーンに慣れる」ということが一番の目的です。

 

つまづいたら、ちょっとおやすみして、また再トライするぐらい
ゆったりとした気構えが必要です。

 

 

 

 

食べさせる前にチェックしたいこと

具体的には、赤ちゃんに何を気をつけて
離乳食をあげればよいのでしょう?

 

固さは、だいじょうぶ?

赤ちゃんは当然、まだ歯がない場合が多いです。
なので食べ物を「噛む」ことができませんから、はじめのうちは
舌ですりつぶします。
その後、歯茎でつぶせるようになって、本格的に咀嚼できるようになるのは
じつは1歳半ごろなのです。
しっかり噛み合わせができるようになるのは2歳ごろといわています。

 

加熱について

赤ちゃんは抵抗力がとっても弱いので、食べ物を通して
体内に細菌が入ってしまうと、たとえ少量でも食中毒になって
重症化してしまう場合があります。
とくに、離乳食はお母さんの手で触ったり、潰したり刻んだりと
細菌感染するタイミングがたくさんあります。
調理前にしっかり手を洗うことはもちろん、調理器具も丁寧に洗い
煮沸消毒し乾燥させましょう。
そして赤ちゃんに食べさせる食品は果物や野菜、乳製品をのぞき
原則火を通すか、電子レンジで加熱すること、そしてすぐに食べさせることが
たいせつです。

 

タンパク質の過剰摂取に注意

必要以上にタンパク質を過剰摂取してしまうと、腎臓機能に
負担がかかります。
当然、タンパク質は取らなくてはいけない大事な栄養素なので
その量には気をつけましょう。
はじめはすこしずつ、脂肪分の少ないお豆腐や、白身魚などから
始めるといいでしょう。

 

塩分取りすぎに注意

離乳食の基本は薄味、ほとんど素材の味だけでよいぐらいです。
濃い味をはじめに覚えてしまうと、そのあと薄味を全く受けつかなく
なってしまう場合もあります。
また、赤ちゃんの腎臓機能は成人の半分と言われおり、
この腎臓は余分な塩分を体外に出す仕事をしています。
腎臓に負担をかけすぎないよう、薄味を徹底しましょう。

 

とにかく便利 パルシステムの離乳食

わたしにとって離乳食ってほんーっっとうに、ほんとうに面倒でした。
とくにはじめのころのすりつぶし作業。作業ですよね。
もはや調理ではありません。

 

大人用と、離乳食とどちらも…ってなると
ほんとうに頭がパンクしそうでした。

 

そんなとき、本当にお世話になったのがパルシステムの離乳食につかえる
シリーズでした。

 

▼赤ちゃんも安心おためしセットの詳細はコチラ▼


 

まず、わたしが使っていたのがバランスキューブ。
冷凍で、小分けにされたキューブです。

 

義母がパルシステムを取っていて、はじめは注文してもらってたのですが
とっても便利なのでこのためだけに自分でもパルシステムに加入したぐらい便利でした。

 


 

 

 

こんな感じでinstagramにも紹介されていますが、わたしにとっても、
もはや離乳食作りの必需品となっていました。
とくに、赤色キューブはご飯と一緒にまぜてドリア風にしてみたり、
ミネストローネみたいにスープにしてみたりと便利でした。

 

白色は、じゃがいもと混ぜてお焼きにしたり、生協のチラシを参考にしたり
↓こんなレシピ

 

してました。

 

トマトはとくに皮を湯剥きしたり、種を取る必要があるので、こういったキューブタイプは
本当に便利でしたよ。パルシステムにしかない、バランスキューブです。

 

そのほかに、裏ごしのシリーズというのもかなり使いました。
コーン・じゃがいも・人参など。

 

下茹でして、目の細かいザルや茶こしなどで
裏ごしする調理方法は、離乳食づくりのなかでもダントツ
面倒くさい作業だったので、裏ごししてくれてある!というのは
最高に楽でした。

 

放射性物質の検査もしてくれているので、自分で産地を気にしながら
スーパーで買うことを考えるとありがたかったです。

 

パルシステムではまずお試しセットを500円(しかも送料無料)
試すことができるので、ぜひ一度試してほしいと思います。

 


パルシステムおためしセットより

 

赤ちゃんも安心おためしセットの内容は

 

野菜入り小うどん / うらごし野菜・産直コーン / かぼちゃのグラタン

の3点セットです。

 

野菜い入り小うどんは、一般的に売られているうどんより
麺が細く、赤ちゃんでも食べやすくなっています。
ほうれん草と人参+刻みあげ入りで、そのまま食べさせてあげられます。
この野菜入り小うどんは電子レンジでも調理できます!

 

うらごしの産直コーンは
原材料がまさに北海道産のとうもろこしだけなので
安心して赤ちゃんに食べさせてあげることができます。
(食塩入りの裏ごしコーンが多く市販されています)
コーンを裏ごしすることを想像すると、あのつぶつぶを滑らかに…
なかなかできません。便利な冷凍裏ごしコーンをお手軽に使いましょう!

 

 

かぼちゃのグラタンは
離乳食後期のベビー、または赤ちゃんの上のきょうだいにおすすめです。

 

いずれにせよ、これだけのセットが送料無料500円で試せることに
価値があると思います。
スーパーで買うよりも絶対安い!いちど試してほしい、自信を持って
おすすめするパルシステムの赤ちゃんも安心のおためしセットです。

 

生協の宅配パルシステム★おためしセット詳細はコチラ

 

 

※1世帯1回1セット限り。パルシステムをまだ利用されていない方限定のサービスです

 

 

 

絶対使えるオートミール!!

オートミール。

 

 

なにそれ?
機内食?

 

なーんて思った人も…いますか?(いませんね)

 

昨今のグラノーラやらのブームで、ちょっとは有名になったかもしれないので
知ってる方も多いかもしれません。

 

オートミールとは、オーツ麦を脱穀したあとに
蒸して潰したもののことを言います。

 

文字で書いてもよくわかりませんが、とっても栄養があって、使いやすい、
和食にも洋食にもお菓子作りにも使える、万能素材!です。

 

スーパーだと、だいたい製菓の材料のところに売ってますよ。
でも、すっごく少量でけっこうお高め。

 

わたしはいつもコストコで、このビッグサイズを購入していました。

 

 

でっかいよ!

 

離乳食初期には

 

オートミールはお米のように、おかゆで食べることができます。

 

オートミールとミルク(粉ミルクでオッケー)でやわらかく煮れば…!
オートミール粥のできあがり♪

 

 

 

ミルク以外にも、コープのバランスキューブを使えばもっといろんな味が
(かぼちゃやトマトのリゾット風)楽しめてバリエーションも増えますよ!

 

中期になると

 

こんなふうにお焼きにしてみたり、手づかみ食べにはぴったりです。

 

離乳食以外にも、大人が十分たのしめるおやつ、お菓子作りにも
使えるので大容量パックをお得に買ってもどんどん減っていきますよ〜!

 

 

うちの子は、ほぼオートミールの離乳食で大きくなりました。
もちろん、普通の白米のおかゆやおにぎりも食べさせましたけど
バリエーションとしてはオートミールさまさまでした。

 

注目の健康食材なので、親子でたのしく食べられておすすめです。

ベビーフードも使ったっていい

離乳食は手作りがいちばん!

 

そんなことはわかっていますが、
大人の食事のほかに離乳食が3回食にもなってくると
本当に一日中キッチンに立っていなくてはいけないぐらい
忙しくなります。

 

たいへんなときは市販のベビーフードを上手に使ったって
いいんじゃないでしょうか。
ベビーフードはそれこそ、専門家が赤ちゃんのために
必要な栄養素を考え、塩分などもしっかり考えられたもと
完全に衛生的につくられているのですから。

 

 

瓶詰めのタイプ、粉末のタイプ、レトルトタイプと
いろいろあります。
赤ちゃん本舗や西松屋に並んでいるベビーフードの種類も
むかしとは比べられないほど増えました。
それだけ需要があるということです。

 

外出時にもとっても便利。

 

ちなみにIKEAでは、赤ちゃん連れのお客さまは、無料で
ベビーフードがもらえます。

IKEAレストランで、支払いの際スタッフに「ベビーフードください」というと
渡してくれます。
わたしも今まで何度も利用させていただきました。
こういった試みがさすが世界のIKEAだなぁと思います。
IKEA公式ページはコチラ

 

毎日3食がベビーフードとなると、それはやはりお母さんにもう少し
頑張って欲しいところですが、1日の1食ぐらい、ベビーフードに頼ってみても
いいと思います。

 

ベビーフードに一手間、かけて調理してあげることもおすすめです。

 

日本のベビーフードは規格が厳しく、保存料や甘味料などの人工添加物は

使用されていませんが、お母さんがまだ赤ちゃんのアレルギーを把握できていない
場合は、アレルギーのもとになるものがあるかもしれないので
気をつけてください。