授乳中のカフェインは大丈夫なのか

授乳中のカフェインは悪なのか

妊婦さんや授乳しているお母さんには
カフェインは=ダメ
ノンカフェインがあたりまえ!という認識が誰にでもあると思います。

 

インターネット記事を見ていると、
カフェインのせいで胎児が低体重になるとか
死産や流産につながるとか…怖いことばかり見つけてしまい不安になりますよね。
そもそもその信憑性ってあるんでしょうか?どこどこの文献によるのでしょうか?

 

本当にカフェインは悪なのでしょうか?

カフェインのとりすぎは、神経を刺激して内臓にとって
負担になってしまうので控える必要がありますが

 

1日3杯ぐらいなら、問題ないとされていますよ。

 

妊娠中は胎盤を通して
授乳中は母乳を通して、もちろん胎児や赤ちゃんに
カフェインは移行しますが
それほど神経をとがらせてカフェインは悪!ダメ!絶対!
っていうほどではないですよ。

 

むしろ、精神安定のためにカフェインを摂取することがわたしはありました。

 

あと、面白いことに
第一子のときはカフェインをとことこん絶っていたけど
第二子以降は、カフェインのことなんてまったく気にしない人が
ほとんどなんです。(これは、周りの友人を見ていてもほんとうに
言い切れます)

 

でも
一人目は、あんなにカフェインやら何やら気にしていたのに
何しても寝ない、夜泣きする…といって悩んでいるものなのです。
その点
カフェインのことなんて気にせずにいたはずの第二子は
何しても寝る、楽!育てやすい!ってなることが多いのです。

 

要するに、子育ては慣れなので、カフェインを摂取しようが
しまいが、大変なときは大変だし、寝ない時は寝ないものなのです。

 

どうせなら、お母さん、少しリラックスして
1日1杯や2杯、コーヒーや紅茶を楽しんでみてはいかがですか?

 

とはいえ、
どうしてもカフェインが気になる方にはこちらのコーヒーがおすすめです!
本格派の味なのに、カフェインレス!
たんぽぽコーヒーのような物足りなさがありません。コーヒーが大好きな人には満足できる味ですよ。

 

↓カフェインレスなのにおいしいコーヒーはこちら↓


 

授乳中のルイボスティーについて

 

妊娠中や授乳中に飲むお茶として
近年、かなりメジャーになってきているお茶の代表格は
ルイボスティーではないでしょうか?

 

保険相談のCM(妊婦さんに優しいアピールのCM)でも
ノンカフェインドリンクも用意していますというのが売りのところでルイボスティーをすすめていました。

 

10年前にはほとんど知られていませんでしたが、南アフリカのお茶で
ノンカフェインで妊婦さんや授乳産婦さんにやさしいと有名になりました。

 

また、赤ちゃんも飲むことができるので人気も高いです。

 

ただ、栄養価も高く豊富なミネラルが含まれているなどの
嬉しい効果は多いのですが、母乳の分泌に関係しているかといえば
イエスとはいいがたいところがあります。

 

普段飲む常飲茶としてはおすすめですが
母乳が出すぎて困っているお母さんには、効果はあまり期待できません。

 

 

ルイボスティーは母乳抑制には効果的ではありませんが
美容目的・日々の健康目的で飲むことには賛成です。

 

母乳の量には関係してきませんが母乳の「質」といった面では
効果が期待できますよ!

 

ルイボスティーを飲むなら

 

ただ、わたしの個人的な感想ですが、けっこう着色します。歯とか、コップとか。
なので、哺乳瓶とかマグもひんぱんに洗う必要があるのと、
ご自身の前歯の着色などにも影響してきます。

 

ルイボスティーを常飲される場合は
歯の着色に気を配っておいたほうが良いと思います。

 

おいしくて飲みやすいルイボスティーは特に、赤ちゃんにおすすめです。
赤ちゃんならまだ歯が生えていないので、歯の着色を気にしなくてもいいですし。

 

母乳分泌をおさえるために飲むなら、卒乳ブレンドティーがおすすめです。

 

↓卒乳ブレンドティーについて詳しくはこちら↓